かつての綺麗な庭を取り戻す【草取りや庭木の剪定・抜根について】

庭に生えた雑草を取り除く~草取りと庭木の抜根方法~

草刈り道具

庭に生えた雑草を放置していると、あっという間に庭全体に草が生い茂る状態となってしまいます。庭を潰してそこを駐車場にするのであれば、定期的に草取りや庭木の剪定、抜根などの除草作業を行なう必要があります。ここではその草取りや庭木の剪定、抜根にまつわる除草方法について説明していきます。

除草方法

手作業
除草方法の中では最もポピュラーな方法となります。基本的に体力を要する作業となるので、狭い範囲の除草作業を行なうのに向いています。雑草の長さが10cmに満たないものは、いわゆる「草むしり」と呼ばれる作業になります。剪定や抜根などの作業は当然草取りには含まれません。
電動の草刈り機を使った作業
広い範囲の庭の除草作業に向いているのがこの電動の草刈り機です。手作業よりも楽に作業を進めることができ、短時間で広範囲の除草を可能とします。外側から内側にかけて時計回りに除草していけば、草刈りの跡をライン上に残すことができ、その後の整地作業を楽に行なうことができます。
トラクターを使った作業
かなり広い庭や農地などの除草作業には、トラクターを使った草刈り作業が適しています。広範囲に渡って一気に作業を進められるという利点があります。手作業や草刈り機を使った作業とは異なりやや特殊な作業となるため、業者に依頼してやってもらう、というケースも少なくありません。

草取りや庭木の剪定、抜根などの除草作業は、いろいろなやり方があります。どの作業にもメリットやデメリットがあるので、庭の状況や予算などを考えながら選ぶとよいでしょう。

伐採作業に必要なもの

庭木の伐採に必要な道具などはありますか?
あります。まず大前提として、装備品を揃えましょう。最低限の装備として、ヘルメットや手袋、ゴーグル、これらを装備するようにしましょう。服装は丈夫であり、かつ動きやすい作業服がオススメです。伐採には基本的にチェーンソーを使用します。楽に枝をカットできるので、伐採に適した便利な道具と言えます。

安全に作業を行なうには

草取りや剪定、抜根などの除草作業は、注意して行なわないとケガや事故を起こしてしまう恐れがあります。業者に依頼することでその可能性を0にできるのですが、「自分でもできるだろう」という思いで除草作業を始める方は後を絶ちません。そこで、作業中にケガを負ってしまった人の痛々しい体験談を見てみましょう。

作業中に怪我を負った人

作業中にヒヤッとしました(30代/男性)

草刈り機を使って自宅の庭の除草作業をしていたとき、草刈り機の刃に弾かれて飛んできた石が目のすぐ横を飛んできました。目に当たらなかったのは不幸中の幸いと言えますが、当たった箇所は出血してしまいました。

業者に依頼するメリット

草刈り

庭の手入れを専門業としている業者は、草取りや剪定、抜根など、様々な依頼に対応しています。庭の広さや状態などに関係なく、どの庭に対しても要望に沿って抜かりなく作業をしてくれるので、どなたでも安心して相談できるでしょう。依頼者はもちろん、現場で作業を働いてくれるスタッフも安全面を十分意識しながら作業に従事してくれます。それに加え、作業後に出てくる雑草も綺麗に回収し、全て持ち帰ってくれます。

TOPボタン